カテゴリ: 作家

黒点はどのように扱われますか?

黒点はどのように扱われますか?

「私たちは皆、滑らかで傷のない、輝く肌を望んでいます。太陽から保護されていない結果、肌の敏感で傷つきやすい部分に不要な茶色の斑点があり、医学的および美的問題を引き起こします。」秋の到来とともに、肌のシミが現れ、治療法を探し始めます。これらの斑点は主に顔、胸、背中、腕、脚に見られ、皮膚にメラニン色素が蓄積します。最も一般的な皮膚の斑点;そばかす、肝斑、妊娠およびシミ。さらに、いくつかの化粧品、医薬品、いくつかの皮膚病、化学物質、および永久的な皮膚の斑点は、植物と日光との相互作用の結果として発生する可能性があります。にきびの傷跡、埋没毛、皮膚の傷も汚れを引き起こす可能性があります。顔の部分に肝斑と呼ばれる斑点は、上唇、頬、額などの部分に見られます。ブルネットでは、肌に色を与えるメラニンの割合は、明るい色のものよりも高くなっています。したがって、スポッティングの問題はブルネットでより顕著で深いです。黒点が深くなる前に、新しく形成されたときに黒点を処理することは非常に重要です。染みが発生すると、そのサイズ、場所、深さ、密度によって、適用する処理方法が決まります。皮膚科医は、あなたの傷の種類を見て、あなたに合った治療オプションを決定します。そばかすや茶色のシミは通常、1〜2回の治療でうまく治療できますが、より深いシミや複雑な病変は治療に抵抗する場合があります。肌のシミと戦うのに最適な時期は秋と冬