くしゃみはどうですか?

「くしゃみをした後は、ビタミンCをたっぷりと摂取して休むことで克服できます...」

くしゃみは、黒コショウ、シナモン、その他のアレルギー症状、またはインフルエンザや風邪などの上気道疾患で鼻に発生します。これは、目、腹部、横隔膜などの多くの筋肉の反応として、突然、急速に、騒々しい呼気です。くしゃみをすると、鼻から出る速い呼吸の速度が非常に速いので、くしゃみをすると奇妙な音がします。くしゃみをしたときに放出される空気の速度は時速160kmです。

くしゃみを取り除くにはどうすればよいですか?

科学者によると、病気の兆候なしにくしゃみをすることは、人間の脳と心臓に大きな利益をもたらします。それにもかかわらず、私たちは日常生活の中で突然奇妙な音を立てるのは好きではなく、人前でくしゃみをしたくありません。くしゃみを取り除く方法;

黒胡椒、シナモン、パウダーなどくしゃみの原因となる要素を排除すれば、局所的なくしゃみを防ぐことができます。これらのほこりの臭いがするとき、鼻気道は鼻気道を刺激し、したがって脳を刺激し、くしゃみを引き起こします。これらを決定するために、あなたは皮膚の専門家に行き、アレルギー検査を受けることができます。したがって、専門医がアレルギーの原因を特定し、適切な治療法を適用します。刺痛を引き起こすもう1つの理由は、風邪やインフルエンザなどの上気道感染症です。実際、くしゃみはこれらの病気の最初の兆候です。くしゃみが上記の理由の1つではない場合、病気があなたに来たことの証拠です。くしゃみをした後は、ビタミンCをたっぷりと摂取して休むことで克服できます。合格しない場合は、できるだけ早く耳鼻咽喉科医の診察を受け、必要な治療を受けてください。くしゃみをすると周りの人が病気にかかるからです。たとえば、空の部屋でくしゃみをした場合、後でその部屋を離れると、20〜30分後にくしゃみをした部屋に入った人に感染する可能性があります。したがって、インフルエンザと風邪は非常に伝染性があります。このような状況で、免疫力を強化して十分な休息をとれば、これらの病気を簡単に克服でき、外出しすぎなければ周囲の人に感染することはありません。