「世界は11月15日に15日間暗くなるのでしょうか?

「最近いくつかのメディア組織によって表明された主張によると、私たちの世界は11月15日から11月30日までの15日間黒くなるでしょう!」

伝えられるところでは、米国大統領バラクオバマはこの問題に関する詳細な情報報告を求めた。

報告によると、金星と木星の間の角度は狭くなり、金星は木星の南西に移動します。このようにして、金星は木星の10倍の明るさになります。金星から放出された光は、木星のガスを加熱して反応させます。ガス反応は、宇宙への水素の予測できない放出を引き起こします。水素ガスは、トルコ時間の09.50に太陽と接触します。大量の水素ガスが太陽と接触すると、太陽に大爆発を引き起こします。爆発により、太陽の表面の温度は突然摂氏9000度に上昇します。太陽はその中心に向かって熱を吸収し、爆発を止めます。気温が急激に上昇すると、太陽は青みがかった色に変わります。実際、彼らはこの事件を申し立てよりも一歩進め、この虚偽のニュースの有効性を高めるために「声明はNASAによって確認された」という文を追加しました。 NASAは、この件に関して受け取ったメッセージに応えて、主張は真実ではなく、そのような状況は発生しないと述べました。

では、これらの主張は科学的にどれほど現実的ですか?

私たちは宇宙についてあまり知りませんが、太陽を含め、宇宙で私たちが知っている変数はどれも、それが発する光を瞬間的に消したり、暗くしたり、減らしたり増やしたりすることはできません。

このような大きな変化が起こるためには、これらの星は瞬間的ではない大きなブラックホールに飲み込まれなければならず、星の完全な利用には数千年かかります。星、特に直径140万kmの太陽は非常に大きな構造であり、その明るさを変えるには、数十個の木星質量のガスが星を取り囲んでいる必要があります。これが起こったとしても、明るさの変化は、地球の空を「暗くする」ことができるほど大きくすることはできません。

つまり、現時点ではそのようなイベントが発生する可能性はありません。

最近の人気イベントである陰謀説や、これらの説から生まれるニュースを信じる前に、探究心を持ち、科学的な説明に従うことが重要です。