どの食品が何に適していますか?

「健康的な食事は、生活の質だけでなく脳の健康も保護します。バシャク博士は、アルツハイマー病のリスクに対する葉酸のサポートのために、豆、エンドウ豆、ほうれん草、カブ、レモン、オレンジなどの食品を摂取できると述べました。と認知症、そしてセージは記憶を改善する重要なビタミンEです。彼が情報源であると言いました。」

社会の主な目標は現在、健康な老化とともに脳の健康を保護することです。科学の世界は、人間の健康を脅かすさまざまな環境要因にもかかわらず、機能し続けています。今日、環境要因は私たちの健康に影響を与える最も重要な問題の1つです。紫外線、放射線、喫煙、ストレス、パッケージ製品、酸化ストレスを引き起こす農薬などの環境要因が最初に来ます。脳の健康だけでなく、私たちの全身の健康も変化させる、老化に関連する多くの病気は、酸化ストレスの影響を受けます。

食べ物は脳のつながりを調節します

年齢層や期間ごとに必要な栄養は異なりますが、エビデンスが示唆する範囲で脳の健康を保護するために、栄養において何を考慮すべきかを知ることは重要です。栄養のカロリー制限は、神経変性疾患、特にアルツハイマー病とパーキンソン病に対して保護効果があり、年齢とともに増加します。健康的な老化には、食事中の脂肪の量とこの油の含有量が非常に重要です。一般に、飽和脂肪、トランス脂肪、コレステロールの摂取はマイナスの効果があり、不飽和脂肪酸とオメガ-3の摂取はプラスの効果があると判断されています。

妊娠中の母親にとって葉酸は重要です

脳の発達は子宮内で始まるため、妊娠中の母親は、特に葉酸含有量が高い場合、定期的に栄養を与えることが重要です。豆、エンドウ豆、ほうれん草、カブ、レモン、オレンジなどの食品は、葉酸をサポートするために摂取する必要があります。これは、成人ではアルツハイマー病や認知症のリスクを考慮して検討する必要があります。バナナ、マメ科植物、肉、魚、脱脂乳、ヨーグルト、ビタミンB群を含む緑の葉野菜を摂取することが重要です。

ビタミンBは、記憶力と知能の発達の観点から重要な位置を占めています。同時に、ビタミンBは新しい細胞を生成し、既存の細胞の構造を保護するのに役立ちます。オメガ3が豊富な魚(マグロ、サーモン、サバ、ニシン、マス、ゼラニウム)は、脳機能をよりスムーズにし、記憶力を強化し、より速く考えるために、定期的に摂取する必要があります。

どの食べ物が何に適していますか?

クルミ、ヘーゼルナッツ、カシューナッツ、ピーナッツ、ヒマワリの種、ゴマの種、ビタミンEが豊富な亜麻の種は、脳の老化に伴う衰退を遅らせるために摂取する必要があります。

ドーパミン(幸福ホルモン)の分泌をもたらすブドウは問題解決能力を高めますが、イチゴ、ブルーベリーなどの果物やトマトやニンジンなどの野菜には高レベルの抗酸化物質が含まれており、記憶を改善することで脳を保護します。

トマトには、アルツハイマー病の細胞損傷と戦うリコピンが含まれています。カボチャの種には、記憶力と思考力を高める亜鉛が含まれています。

ブロッコリーは認知機能を高め、ビタミンKを提供します。ナッツとセージは、記憶力を向上させるビタミンEの優れた供給源です。そのため、母性期から栄養豊富で栄養価の高いバランスの取れた食事をとるライフスタイルが推奨されます。

生涯にわたる健康は、バランスの取れた定期的な食事と継続的な運動プログラムによってのみ可能です。私たちは人生のあらゆる段階で栄養に気を配り、食事の内容が健康的な生活の最も重要な鍵であることを忘れないでください。